食い止めるケア

スキンケア

肌というのは年齢と共に変化するものですから、30代にもなってくると肌の衰えが徐々に始まってきます。そのような肌の状態や悩みに合った化粧品を使用するのがおすすめです。また、代謝も低下してきてくすみやクマが起きやすいですから、ターンオーバーの活性化をしてあげましょう。

Read More...

使ってみよう

肌の手入れ

試しましょう

きれいなお肌を保つためには、日々のスキンケアが欠かせません。そのため、多くの女性は普段使う基礎化粧品を自分に合う、そしてお肌に効果のあるものを選ぶことが大切です。基礎化粧品の中には、薬用化粧品と呼ばれるものがあります。工夫することで得られるメリットとして、薬用化粧品だからと安易に決めるのではなく、必ずテスターや腕の内側の皮膚が柔らかい部分につけて問題がないことを確認してから顔につけることが大切です。これは、化粧品が全成分を教示しなければいけないという義務があるのに対して、薬用成分はたとえ合成色素や合成香料が配合されていても全ての成分を記載する義務がないからです。特に、体質的に肌の弱い人や敏感肌の人はこのような工夫をすることをおすすめします。

一般のとは違います

薬用化粧品については、その「薬用」という言葉の意味を正しく認識している人が少なく、一般の化粧品と何が違うのかわかっていない人がいます。しかし、実は一般の化粧品とは異なります。まず一般化粧品は、お肌全体の保湿を主な目的としています。それに対して、薬用化粧品は、保湿などの化粧品としての効果だけではなく、にきびや肌荒れ、殺菌やデオドラント、美白などの効果が期待できる有効成分も配合されているということです。そのため、薬用化粧品は医薬部外品と呼ばれる、化粧品と医薬品の中間のものとして位置づけられています。つまり、有効成分が化粧品に配合されているかどうかが、一般の化粧品と薬用化粧品の大きな違いということです。