食い止めるケア

スキンケア

同じではない肌

年齢と共に肌は少しずつ変化していき、20代をピークとして徐々に衰えが始まってきます。そのため、30代になると肌の調子が何となく悪いとか、潤いが物足りなくなると感じる方が多く、20代の頃と同じ化粧品を使い続けていると肌が潤いやハリ不足になってしまいます。やはり、肌の状態の変化に合わせてしっかりと30代の肌に合った化粧品を使って、ケアしていくのがおすすめです。保湿はどんな時でも重要で、年齢と共に乾燥しやすくなりますから、化粧品も保湿力の高いものを選びましょう。また、シミやしわ、たるみなどのエイジングサインが現れる時期ですから、肌の悩みを改善してくれる有効成分が含まれているかどうかを、確認してから購入するのがおすすめです。

くすみやクマの改善

20代の頃はベーシックなスキンケアで肌の透明感を維持できますが、年々肌の代謝が悪くなってきて、くすみやすくなってしまいます。また、目の下にクマができて目立ちやすくなりますから、コンシーラーやファンデーションで隠していても、30代だと夕方肌がくすむという悩みを抱えることになります。肌にはターンオーバーという細胞の生まれ変わりのサイクルがあり、通常だと28日周期で行われています。ターンオーバーも年齢と共に徐々に遅くなってきて、40代にもなると40日から50日くらいかかるようになります。そのため、30代だと通常の化粧品でのケアだけでは、肌に古い角質が残りやすくなり、くすみやクマが起きてしまいます。代謝をアップする作用のある成分が含まれた化粧品を、取り入れるのがおすすめです。EGFやアミノ酸などのおすすめの美容成分は、ターンオーバーをサポートしてくれますから、これらの成分配合かどうかをチェックして購入しましょう。